SHARING JOY

ブログ開設にあたり

はじめまして。

メンタルコーチ、ペップトーク講師、コミュニケーションセミナー講師として活動している藤江正直と申します。

 

この度、新たにホームページと共にブログを開設させていただきました。

 

今後はこのブログを通して、人はもっと幸せになれる!その人らしく人生の主人公として輝く事ができるという事とその為の

 

方法を発信させていただければと思っております。


 

私はもともと、超ネガティブ思考で自分に全く自信が持てない人間でした。

 

2人の子供の父親ですが、子供に対してダメだしばかりしている口うるさい父親でした。

 

やることなすこと続かないダメ人間でした。

 

そんな私でも今では自分に自信が持てて(まだ完全とはいきませんが・・・。)


子供と良好なコミュニケーションが取れて、自分がやると決めた事は続けれるようになりました。

 

なぜ、そうなれたのかなどもぼちぼち書いていければ、そしてそれが皆さんが幸せになる


ちょっとしたきっかけにでもなれば嬉しく思います。

 

 


ファシリテーション

先週の土曜、日曜日は東京であったセミナーに参加してきま

 

した。

 

 

今回の内容はファシリテーション&グループコーチング。

 

ファシリテーションって聞きなれない言葉ですよね?

 

もしくは知っている方でも会議を回す為の技術?という方も

 

多いのではないでしょうか?


一般的には会議やミーティングの場で参加者に発言を


促したり、話を整理したりして進行をスムーズに効率よく運営するものというとらえ方をされている方が多いようです。

 

 

 土日に僕が学んだファシリテーションはもちろん会議を効率よく運営するという事にも使えますし、異なる意見をもつ

 

多くの人をまとめるとか、スポーツなどのチームビルディング、学校のクラス運営など様々な場面で使えるものでした。

 

特徴的なのは、そこに参加する人の感情により沿いながら進行していくということ。

 

意見が対立する人たちもそれぞれの「本当はどうなりたい」という所にフォーカスしながら話を聞いていき、

 

お互いの共有ゾーンが見つかるところまで掘り下げていく。

 

そうするとそれぞれが納得感をもって一緒に行動できるという手法です。

 

 

こうすれば多くの組織やグループでいがみ合いや対立が解消する。

 

元々同じ目標に向かっているチームなどでも更に一体感が上がり皆で目指す目標に向かう事ができるんだ!

 

学んだあとは「おおー!」と目からうろこが何枚も落ちました。

 

 

チーム運営などでお困りの方や自分の組織を良くしたいという想いをお持ちの方はお伝えしますので

 

藤江までご連絡ください!


 

 

 

 

 

 

200人コーチングにチャレンジしています!

早いもので今年も残り1ケ月です。


ここまでの11か月を振り返ってみて皆さん、いかがですか?


今年の初めに


「今年は○○になるぞ!」


「○○の資格を取るぞ!」


など目標を立てた方。


目標とまではいかないけどなんとなくこうなればいいかなーと考えていた方。


目標の達成度などはどうでしょう?


目標なんてたてていないという方もここまで振り返って満足な11か月でしたか?


「目標通りだ!」 「あと少しで達成できる」「ここまでハッピーな11か月だ。」


という方は素晴らしいです!


残り1か月そのまま突っ走って下さい。


「ギリギリ達成できるか微妙・・・。」 「目標なんてすっかり忘れていてこの11か月何もできていない!」


「いい事なかった・・・。」


という方も大丈夫ですよ。


この1ケ月意識的に、計画的に過ごせばきっと良い締めくくりができます。


コーチングではそんな事のお手伝いもできます。



僕は今、自分の技術向上の為や、世の中のニーズを知る為に200人の方にコーチングさせていただく事にチャレンジしています。


方法はスカイプもしくは大阪(梅田)、僕の整骨院(大阪摂津市)での対面で実施させていただきます。

時間は60分前後で料金は無料です。

一度受けてみたいという方は、FBのメッセージもしくは

body.design.kaatsu@gmail.com

にメールをお願い致します。

セッション可能なスケジュールは以下よりご確認お願いいたします。





続かないのには理由がある。

今年1年の目標は達成できたでしょうか?

 

前回このように書かせていただきましたが、皆さんいかがで

 

したか?

 

達成できた方は本当に素晴らしいことだと思います。

 

是非、来年もさらなる飛躍の為に目標を立ててくださいね。

 

 

もう少しで達成できるという方、ラストスパート頑張って下

 

さい!

 

残念ながら達成できなかったという方。

 

また、次に頑張ればいいだけです。

 

そう、それだけの事なのですが、せっかく立てた目標・計画なので次は達成できるような方法を考えてみたくはないですか?

 

うまくいかなかった時の理由はいくつか考えられます。

 


1、目標設定が高すぎた

目標を立てる時はにモチベーションが高かったり、ハイテンションになってつい高すぎる目標になってしまっていた。

 

この場合、半分くらいでやめちゃったという方もいるでしょうし、早々に挫折してしまった方もいるかと思います。


それでも当初立てた目標のからいくらかは進んでいるのではないですか?


その割合はどのくらいでしょうか?


目標の10%? 50%? 70%?


何%でもいいんです。


それが目標を立てずに何もしなかったあなたと比べたら成長したところなのです。


「できなかった。」


「挫折してしまった。」


と考えるよりできた自分を認めてあげて下さい。


そして、あなたが「できなかった。」と思っているところはあなたの伸び代なのです。


どうですか?こう考えれば来年また何かにチャレンジしてみようと思えませんか?



続きはまた次回に。






 


続かないのには理由がある2。

さて、12月も1週間が過ぎましたね。


皆さん、今年1年の振り返りはされましたか?


前回は目標達成ができなかった場合、要因の1つとして目標設定が高すぎたと書きました。


今日はその目標設定が高くても大丈夫という話です。


目標設定が高すぎたと思ったら、最終的にそこに到達する為の小目標を作ってみて下さい。


例えばダイエットが目標だとしたら○○年は×kg痩せるという風になると思います。

 

そして期間を区切りそれぞれの期間中の小目標に落とし込みます。

 

例えば

1月は○○kgになる

 

2月は○○kgになる

 

2月は○○kgになる

 

という感じですね。

 

そして、ここが大事です。

 

「1月は○○kg」や「1月は○○kgになりたい」ではなく

 

「1月は○○kgになる」と言い切る事が大切です。


そして今度は、その小目標を達成する為の具体的な行動に落とし込みます。


例えば「1月は60kgから58kgになる」の場合


その為の具体的な行動を紙に書いていくのですが


思いつくアイデアを書いたらそれをより具体的な行動に落とし込んでいきます。


こんな感じです。


このように出てきたアイデアはどんどん紙に書き出して

 

そこから派生してくるアイデアを更に書いたり、より具体的

 

な行動へとつなげて書き出していきます。


大事な事は、できる、できないは置いておいてとりあえず

 

書き出してみます。

 

そしてその中でも、これなら出来そうというものには印を

 

付けます。

 

 

 

この場合は赤丸をつけた「毎日体重計にのる。」「夜10時以降は食べない。」「ダイエットに成功した友人の話を聞く。」

 

「通勤の時、駅まで歩く。」です。

 

それを早速今から実行してみましょう!

 

そして1つでも2つでも実行できたらそれで自分にOKをだしてください。

 

よく頑張ったね!

 

えらい、えらい!と。


やってみて、良かった、成果が感じられた行動はどんどん続けてください。


 

反対に出来なかった、続かなかった行動については「今のあなたには合っていない方法だった。」という事で

 

そこには固執せず次の方法を試してみましょう。

 

今日と違う行動をする事で新しいあなたになる事ができます。

 


 やり方がイマイチわからないという方は目標達成コーチングの中でこのようなツールを使ったコーチングもしておりますので

 

藤江にご相談下さい。

続かないのには理由がある3

前回までは目標達成ができない要因の一つとして目標設定が高すぎたという事を書かせてもらいました。


今回は


2、そもそもその目標を達成したいの?


という事をについて書かせていただきます。


目標を立てる時にはモチベーションが高くてつい「かっこいい」目標を立ててしまう事があります。


僕はよくそれで失敗してきました。


自己啓発系の本を読んだ後などは特にその本にかいてある内容を実践してみたくなるし


「何かやりたい!」という気持ちになります。


ノートに目標を書いてそんな素晴らしい目標を立てた自分に酔っていたりしました(笑)


ところがです


そういう状態が続くのはせいぜい1週間程度。


だいたいは三日坊主で終わっていました。



しばらくしてノートを見返した時にそんな事を考えていたこともあったなぁと思って終わりです。

 

 

こういう時はそもそもその目標を達成した結果が自分が手に入れたい結果なのかという事です。

 

本当にそれが実現したい事なのか。

 

心の底から手に入れたいものなのか?

 

という事です。

 

それを確認する方法があります。

 

 

それは、その目標を達成した時自分はどうなっているのかを想像してみる事です。

 

達成した状態を空想、妄想するのです。

 

その時に自分の中ではどんな感情、気持ちがわいているのか。

 

周りにいる人はどんな反応をしてくれるのか。

 

どんな表情で、どんな声をかけてくれるのか。

 

それを聞いたり見たりしたあなたは、さらにどんな感情になるのか。

 

それを十分に味わったら、その感情や感覚が本当に手に入れたい物なのかを確認します。


 

達成したと思うと本当にわくわくしたり、やりたい!やれる!と思えたらそれはあなたに適した目標だと言えます。

 

反対に、あまりわくわくしない。そんなにやる気にならないようなら、その目標はあなたにとって必要でないものなのかもしれません。

 

そういう場合はもう一度考え直してみるのがいいかもしれません。



やり方がよくわからない!という方、コーチングであなたにあった目標設定ができますので藤江までお声掛け下さい。

 

 

 

 

 

 

 

ペップトーク体験会

昨日はペップトークの体験会を開催させていただきました。

 

ペップトークって何?という方も多くいらっしゃると思いますので説明させていただくと

 

ペップトークとはアメリカのスポーツの現場で監督やコーチが選手に対して行う

 

「短くて」「わかりやすくて」「肯定的な」「魂をゆさぶる」勇気づけのショートスピーチです。

 

日本ペップトーク普及協会ではそれを家庭や職場、学校など様々なシーンで使えるコミュニケーションツール

 

として体系化し、普及活動をしています。

 

ペップトークはただ前向きな考え方になりましょうとか、ポジティブな言葉を使いましょうというものではなく

 

前向きになるための物事のとらえ方や、考え方、相手に伝わる伝え方などを学べます。

 

僕は研修講師、講演講師をしているので、活動の一環として自分の整骨院で体験会を開催させていただきました。

 

体験会なので2時間という時間でしたが、皆さんが普段かかえておられる悩みや、事例を共有しながらディスカッションできました。

 

参加くださった皆さんのおかげで和気あいあいとした楽しい雰囲気の中、とても有意義な時間でした。

 

皆さん、本当にありがとうございました。

 

次回、体験会は来年1月10日 午前10時~正午まで、みどり整骨院にて開催予定です。

 

興味のある方は藤江までご連絡下さい。

 

参加ご希望の方はこちらより日本ペップトーク普及協会お申込みお願いいたします。

 

 

 

 

今年の振り返り、来年の目標設定をコーチングで!

今年も残すところあと1週間になりましたが、今年は12月に入っても暖かな日が多いためか

 

あまり年末という感じがしないのは僕だけでしょうか(笑)

 

とはいえ、大みそかはやってきますし、お正月も訪れます。

 

 

今年1年を振り返ってみて、今年はどんな年でしたか?

 

今年の初めに思い描いていた事がどれだけできたでしょうか?

 

「100%できた!」 いや、「120%できた!!」

 

素晴らしいです!

 

「80%くらいかな。」 「50%くらいだよ。」 「10%くらいしかできなかった。」 達成度は様々かと思いますが

 

是非、出来たところを十分に認めてください。

 

 

 

 

その上で来年はどんな1年にしたいですか?

 

来年の年末どんな状態になっていたらハッピーでしょうか?

 

 

出来なかった所を見つけて反省するだけでなく、できたところを認めてどんな未来ならハッピーなのか。

 

ハッピーな未来を実現する為の方法を考える。

 

そんな振り返り、目標設定がコーチングでできます。

 

 

ご希望のされる方は、フェイスブックのメッセンジャーもしくはこのページ右上のお問い合わせフォームより藤江までご連絡下さい。

 

現在200人の方にコーチングをさせていただく事にチャレンジしていますので、無料(60分)にて行わせていただきます。

 

すでに藤江の無料コーチングを受けたという方は70分10000円にてお請けさせていただきます。

 

可能な日時は下記のカレンダーにてご確認をお願いします。

 

 

ドリームキックオフ

昨日は大阪で開催されたドリームキックオフというイベントにスタッフとして参加してきました。

 

これは通っていたコーチングスクール、チームフローが主催しているイベントで大阪では初開催でした。

内容は今年の目標を皆さんに決めてもらうというものなのですが、ただなんとなく目標設定をするのではありません。

 

コーチングの師匠平本あきおの語りかけでコーチングをうけながら目標をつくってもらいます。

 

去年1年間のなかで良かったこと、充実していたこと。

 

去年1年間で出来なかったこと、悔しかったことを振り返ってもらいます。

 

その上で、じゃあ今年はどんな年にしたいのか?

 

本当はどうなりたいのか?

 

どんな2017年のお正月を迎えていたらハッピーなのか?

 

いろいろなワークを交えながらこのような問いかけをしてもらうことで、自分が納得感をもって

 

やりたい!

 

やれる!

 

という目標をたてる事ができます。

 

そして最後にはその目標達成に向けての第一歩、具体的に何をするのかを宣言します。

 

 

最初は少し緊張の面持ちだった皆さんもみるみる笑顔になって、なかには涙を流しながらワークをされている姿を見て

 

コーチングの素晴らしさを改めて感じる事ができました。

 

ご参加くださった皆さん、共に頑張ったスタッフの皆さん、大樹さん、平本さん、ありがとうございました。

200人コーチングにチャレンジ中です!

【200人コーチングにチャレンジ中です!】

自分のコーチングスキル向上のため、多くの方にコーチングとはどういうものかを気軽に体験していただく為に200人の方にコーチングをさせていただくことに挑戦しています。

コーチングに興味のある方、解決、実現したいことがある方。

1時間ほどのお時間をいただき、僕の整骨院(阪急京都線正雀駅より徒歩5分、JR東海道線岸辺駅より徒歩15分)での対面、もしくはスカイプでさせていただいております。(料金は無料です)

 

コーチングとは
・あなたの夢の実現を応援する
・あなたのなりたい姿、理想の姿を一緒に探す
・あなたの「困った」を一緒に解決する
ものです。

ピンときた方、メッセージをお待ちしております!

 


方法はスカイプもしくは僕の整骨院(大阪摂津市)での対面で実施させていただきます。
時間は60分前後で料金は無料です。

 

一度受けてみたいという方は、FBのメッセージにてご連絡お待ちしています。
可能な時間のスケジュールは以下よりご確認お願いいたします。

【努力しているんだけど満足できる結果が得られない】

向上心があって本も読んでいる。

 

休みの日にはセミナーにも行っている。

 

仕事も一生懸命にしている。

 

でも、なんだか満足できない・・・。

思うような成果が得られない・・。

 

そんな経験はありませんか?

 

そんな時はひょっとしたら努力する方向性が間違っているのかもしれません。

 

かつての僕がそうでした。

本を読んで、セミナーに行って、長時間仕事をして。

上を目指してがむしゃらでした。

 

その時は気づかなかった。

ただ、前に進む事ばかり考えていました。

どの方向に進めば自分が幸せになれるのかなんて考える余裕もなく。

 

自分自身がコーチングを学びだしてから、友人のコーチやマイコーチとのセッションを重ねて、初めて自分が進むべき道がわかりました。

 

自分が努力をするべき方向性がわかりました。

 

自分の幸せがわかりました。

 

同じような悩みをお持ちの方。

 

お力になれるかもしれません。

 

是非1度コーチングを受けてみて下さい。

 

現在200人の方にコーチングさせてもらう事にチャレンジしていますのでメッセージ下さい。

PTA講演会

摂津市立第一中学校PTA様勉強会にて講演をさせていただきました。

 

 

 

「子供を勇気づける言葉がけ」というタイトルでお話させていただいたのですが

 

うなづきながら熱心に聞いて下さる方、メモを一生懸命とりながら聞いて下さる方。


後半には涙を浮かべながら聞いて下さる方もいらっしゃり

 

少しでも今後の子育てのヒントになるような事がお伝えできたかなと思っています。

 

子供との関係性を良くしたいというのが僕が

 

ペップトークやコーチングを学び始めたきっかけでした。

 

これからも自分が学んで実践し経験した事を伝えていき、

 

多くのお母さんに子育てってこんなに楽しいんだと思っていただける

 

社会を作っていきたいと思っています。

これからの活動

整骨院の引越しが終わり6月20日より施術を再開しておりますが荷物の整理や色々な手続きがあり、ずっとバタバタしておりました。

職場であっても引越しというのは大変ですね。

 

7月に入ってようやく落ち着いてきたので自分が進んでいきたい方向に向かう体制が整いました。

今後、午前は整骨院での治療。

 

午後は

1、体の健康サポートとしてパーソナルトレーナーとしての活動

 

2、心の健康サポートとしてメンタルコーチ、ペップトーク講師、セミナー・研修講師としての活動

 

 

を行っていきたいと思っております。

 

特に心の健康サポートでは、コミュニケーションの質が変わることで人生の質が変わったという自らの経験をふまえ、幸せになれるコミュニケーションの方法をお伝えし日本人の幸福度を上げる事を使命としていきたいと思っています。

 

人は誰でも変わる事ができる

人は誰でも自分の望む人生を歩む事ができる

 

人は誰でも幸せになることができる

 

これを理念とし、活動していきます。

目的に気づくと行動が変わる1

 

心理学やコーチングを勉強していて「えー、そうだったの!」という事がたくさんありました。

 

その一つが自分が日常生活で行っている事についてほとんどその目的に気づいていないということでした。

 

例えば子供が不登校になった時、僕は厳しく叱る、怒鳴ってでも行かせようという事しかしませんでした。

 

 

最終的には喧嘩になってしまい、上手くいきません。

ちゃんと学校に行かない子供を責め、親として子供を説得できなかった自分を責めていました。

 

 でも、今その目的を考えた時

 

何で厳しく叱ったのだろう

 

何で怒鳴ってでも行かせようとしたのだろう

 

それは子供にちゃんとした社会人になって欲しかったから。

 

自分が死んだ後も自立して生活できるようになってほしかったから。

 

 

だとしたら、叱る、怒鳴るよりもっと方法があったよね、という事に気づきました。

【今日は勇気づけをしてもらえてとても嬉しかったです】

 

 

 

6月に中学校でさせていただいた講演会のアンケートを見せていただきました。

 

「子供を勇気づける言葉がけ」というタイトルで信頼関係の築き方、

 

話の聞き方や、声かけの仕方などをお伝えさせていただいたのですが

 

「子供に対する声かけを一言から変えていこうと思いました。」

 

「叱る、褒めるはよく聞くけど貢献は初めて聞いたので目からうろこでした。」

 

「叱ることが多かったのでもっと子供の話を聞こうと思いました。」

 

「お話をお聞きしてとても前向きになれました。すぐにでも子育てに取り入れたいと思いました。」

 

など、書ききれないくらい多くの良い感想をいただきました。

 

中でも一番嬉しかったのが

 

「今日は勇気づけをしてもらえてとても嬉しかったです。」

 

という感想でした。

 

といのも今回の講演で一番お伝えしたかったのが、お母さん方に頑張っている自分を認めていただく事。

 

頑張っているのに自分が望む結果にならない事で自分を責めているお母さんたちに自己受容感を持っていただく事でした。

 

そんなお母さん方に

 

「子供さんが生まれて今まで色んな出来事があったと思います。

 

子供さんが怪我をした事もあったでしょう

 

熱を出して徹夜で看病した事もあったでしょう

 

誰に相談すればいいのかわからない悩みもあったでしょう

 

でも皆さんはそれらの困難や壁を乗り越えて今ここにいらっしゃるじゃないですか。

 

よく頑張ってこられたじゃないですか。

 

それは本当に素晴らしいことなのですよ!」

 

 

これが伝わった事が一番嬉しかったです。

 

このような嬉しい感想をいただき僕も貢献感が持てたので

 

今後もコミュニケーションだけでなく、お母さんを勇気づける講演活動をしていきたいと思いました。

 

 

目的に気づくと行動が変わる2

僕は子供が自分の言うことを聞かなかった時、すぐに怒る親でした。

 

そして怒ってしまう自分を責めて落ち込んでいました。

 

でもコーチングや心理学を学んでわかったのは怒ってしまうのにも「目的」あったんだということ。

 

そして「本当はどうなれば良かった?」ということ。

 

この自分に対する質問も為になりました。

 

本当はどうなれば良かった?

 

そう自分に問いかけた時に出てきた答えは

 

本当は娘と一緒に笑顔で過ごしたい

 

娘がまだ小さかった頃のように仲良く楽しく出かけたいでした。

 

 

 

【目的に気づくと行動が変わる3】

すぐに娘を怒鳴って叱りつける父親でしたが

 

「本当はどうなりたい?」

 

「自分にとって何が大事?」

 

という問いかけに対して出てきた答えは

 

本当は娘と一緒に笑顔で過ごしたい

 

娘がまだ小さかった頃のように仲良く楽しい時間を過ごしたい

 

でした。

 

浮かんできた具体的なシーンが子供がまだ小さかった頃、母親が一時入院していた時にしばらく娘と2人で僕の実家で生活していた頃の事でした。

 

当時3、4歳だった娘にとっておじいちゃん、おばあちゃんがいるとはいえ母親と離れて暮らすのは相当に不安だったはず。

 

そんな環境の中、娘が頼りにできるのは父親である僕だけでした。

 

でも僕は仕事を休むわけにいかないので娘が見ていない隙にさっと仕事に行きました。

 

仕事が終わり娘が寂しがっているだろうと早足で帰り

 

「ただいまー」とドアを開けると娘は走って僕に飛びついてきました。

 

そして一緒にお風呂に入ったり、一緒に布団に入ってからもその日あったことなどを笑顔で嬉しそうに話してくれました。

 

その時の感覚がよみがえったのです。

 

今この子にとって心から頼れる存在は僕だけなんだ。

 

僕がこの子をしっかりとみてあげなくては。

 

しっかりと受け止めてあげなくては。

 

そして今も

 

あの時のようにしっかり娘を受け止めて話を聞いてあげたいんだ

 

仲良くしたいんだ。

 

 

そして僕にとって大切なものは

 

あの時感じた親子としての一体感や幸福感だったんだという事に気づきました。

 

 

このように自分に対する問いかけによって、自分では忘れてしまっていた気持ち。

 

でも潜在意識の中にしっかりと刻み込まれていた感覚・感情を思い出す事ができるのです。

目的に気づくと行動が変わる4

娘との関係性が本当はどうなればいい?

 

という事に気づいてから、

 

娘に対する態度が変わってきました。

 

今考えるといろいろな変化があったのですが

 

一番大きく変わったのが、否定したり

 

自分の意見を押し付けることなく

 

最後まで話を聞くようになったこと。

 

自分だったら、えーっ?と思う事や理解できない行動でも

 

娘は今そういう風に感じて

 

そういう行動をとりたいんだなと

 

思えるようになりました。

 

例えば、新しく仕事に行き出して

 

1ヵ月もしないうちに人間関係がうまくいかないから

 

辞めたいと言い出した時も

 

今までなら

 

「なんでそんな受け止め方をするんだ!」

 

とか

 

「他の人ももっと我慢してるんだからお前も我慢しろよ!」

 

と怒っていたのですが

 

「我慢できないくらい辛いんだな。」

 

と思えるようになって

 

そこに娘に対する怒りの感情は出なくなりました。

 

 

そうなると娘も僕の事を信頼してくれて

 

 

色々な心の内を話してくれるようになりました。

 

 

 


目的に気づくと行動が変わる5

これまで書かせていただいた

 

一連の経緯の中で僕が一番変わった

 

のは、まず娘の話を否定せず

 

最後まで聞けるようになった事

 

でした。

 

それができたから信頼関係が

 

できて、娘も心の内を話して

 

くれるようになったと思います。

 

でも、僕が自分の考えを

 

押さえつけて

 

「自分はこうだと思うのに

 

何でできないんだ!」

 

という気持ちで聞いていたら最後

 

まで聞けていなかったと思います。

 

相手の事を否定したり

 

自分の価値観で判断せず

 

心から相手の立場に立って

 

相手の心情になりきって

 

聞いたからこそ最後まで聴く事が

 

できたんだと思います。

 

これは親子関係に限らずどんな

 

関係にも当てはまる事だと

 

思いますが

 

まず相手を否定せず聞く事が

 

良いコミュニケーションの第一歩

 

 

だと思いました。

 

 


お前は今あるものでベストを尽くせているのか?

昨日は自らALS患者であるとい

 

う事を公表し講演活動をされて

 

いるあだちせつこさんの講演会

 

に参加してきました。

 

ALSとは国から難病指定されて

 

いる病気です。

 

体を動かすための運動神経細胞が

 

侵され歩く、物を持つ、飲み込む

 

などの動作が徐々にできなくなっ

 

ていくという進行性で、根本的な

 

治療法がない疾患です。

 

3年前にその病気にかかったこと

 

がわかり、失意のどん底にあった

 

彼女を奮い立たせたのは

 

日本ペップトーク普及協会理事

 

である浦上大輔氏からの1通の

 

ールだったそうです。

 

正確な表現ではありませんがその

 

内容は、想像できないくらいの

 

辛い状況でお辛いでしょうという

 

彼女の置かれた状況を気遣った後

 

に「失われていく機能のことを考

 

えるより、今あるもので何ができ

 

るのかを考えてみませんか?」と

 

いう内容だったそうです。

 

今自分が置かれている状況・環境

 

の中で何ができる?

 

そう考えた時に彼女は少しずつ

 

前向きに生きていこうと考えられる

 

ようになったそうです。

 

 

それを聞いた時、お前は今の状況

 

でできることを本当に精一杯して

 

いるのか?と自問自答しました。

 

いや、まだまだある。

 

もっともっとできることはある!

 

皆さんは今置かれている状況で、

 

今あるものでベストを

 

尽くせていますか?

 

 


ブログをお引っ越ししました

ブログサイトを新しく作成しお引っ越しをしました

 

より読みやすく、為になる情報を発信していけるように努力しますので

 

これからもよろしくお願いします

 

Make Your Happiness

 

 

0 コメント

あなたが受け入れるから子供は次に進める

ブログランキングに参加しています。

 

読んでみて良かったと思って頂けたらクリックしていただけると嬉しいです。

 


人気ブログランキングへ

 

昨日まで

 

子供さんの現状が100%OKで今の子供さんの状態がどんな風であっても受け入れる

 

ということを書かせていただきました

 

 

ここは大切なところなのでという事で2回にわたり書かせていただいたのですが、もう1つ大切な理由があります

 

 

コーチングには

 

受け入れの連鎖

 

という言葉があります

 

どういうことかというと

 

相手(コーチングではクライアント)がどんなに怒っていても、悲しんでいても

 

どんなネガティブな感情をもっていたとしてもコーチがそれを受け入れる

 

ネガティブな感情をもっていても

 

それはしょうがないよね

 

そうなって当然ですよね

 

私でもそうなると思います

 

こうしてクライアントに寄り添う

 

そうやってコーチに受け入れられることでクライアントはネガティブから抜け出しやすくなる

 

クライアントが他人を受け入れることができやすくなる

 

次の1歩を踏み出しやすくなる

 

という考え方です

 

 

あなたがなにか嫌な事があって腹が立っているとしましょう

 

例えば職場で同僚に嫌な事を言われたと

 

その時

 

いつまでも腹を立てていても仕方ない

 

こんな事でいつまでも怒っているのは大人げない

 

ここで私が怒ってしまったら職場の雰囲気が悪くなる

 

 

などの感情がお腹の中で渦巻いている

 

家に帰ってもなんだかイライラしてしまう

 

普段ならなんとも思わないような出来事にもイラっとしてしまう

 

こんな経験ありませんか?

 

 

そんな時に

 

詳しく話を聞いてくれて

 

悔しさや悲しさにしっかり共感してくれて

 

話を聞いてくれる人がいたら

 

「そうだよねー、そんなこと言われたらそりゃ腹がたつよね」

 

「私でも腹が立つよ!」

 

と同じように怒りながら聞いてくれる人がいたら

 

どうですか?

 

 

解決はしないまでも

 

気持ちが和らぎませんか?

 

怒っていてもいいんだ

 

悲しんでもいいんだ

 

私って普通なんだと

 

そう思えませんか?

 

 

そうやって怒っていたり、悲しんでいたり、落ち込んでいる自分を受け入れてくれる人がいると

 

自分で自分の事を受け入れることができるようになります

 

そうなるから次の1歩が踏み出しやすくなるのです

 

 

だからあなたがまず子供さんを受け入れてあげてください

 

 

そんなのできない!

 

という方は藤江までご連絡ください

 

そんなあなたを受け入れて

 

 

子供さんを受け入れる方法をお伝えします

 

 

 

子供の教育問題、不登校、ひきこもりなどで悩んでおられる方のヒントになればと思いこのブログを書いています。

あなたの周りでこのような事で悩んでおられる方にこのブログをご紹介下さい。

 

下記のURLをコピー/貼り付けしてLINEやメールで送っていただくと見ることができます。

 

http://www.makeyourhappiness.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

 

 

一人でも多くのお母さんとその子供さんが幸せになりますように。

 

 

コーチングを受けて子供を受け入れられるようになりたい方

こちらをどうぞ

 

自分自身や周りを勇気づける言葉がけをできるようになりたい方

こちらをどうぞ

 

 子育ての悩みを気軽に相談しあいたい方 

こちらをどうぞ

 

知りたい事、探したい事のワードを下のボックスに入力していただくとこのブログ内を検索することができます

0 コメント

子供の現状を100点満点と思えない場合

ブログランキングに参加しています。

 

読んでみて良かったと思って頂けたらクリックしていただけると嬉しいです。

 


人気ブログランキングへ

 

 昨日のブログでは「現状100点満点、未来は無限大」ということのうち現状100点満点について書かせていただきました

 

ここは大切なところなのでもう少し書かせて下さい

 

 

まず現状を100%OKで今の子供さんの状態がどんな風であっても受け入れるということでした

 

ところがそうは思っても難しい部分もあります

 

 

これは僕がよくしていたことですが

 

受け入れる言葉をかけていてもて

心のどこかで子供のことを否定する気持ちが残っていました

 

 

子供が人間関係が辛くて仕事を辞めてしまったとき

 

「それは仕方ない、次に頑張ればいいじゃないか」

 

とは言っていましたが心の中では

 

「なんでもう少し頑張れないんだ」

 

と思っている自分もいました

 

この時の僕の本心は子供に伝わっていたんじゃないかと思います

 

 

そして

 

 

仕事にいかなくなった娘が家でダラダラしているのを見ると腹が立っていました

 

そんなにダラダラしている暇があったら次の仕事を探せばいいのにと

 

 

でもね、こう思ってしまうのも仕方がないんです

 

なぜなら腹が立つのは

 

子供に良くなって欲しいという気持ちが大きいから

 

子供に対する期待が大きいから

 

 

 

一方、子供は子供で傷ついていたり

 

悲しんでいたり

 

悔しかったり

 

対人関係に恐怖を感じたりしているのです

 

これも事実なのです

 

 

さてどうすればいいと思いますか?

 

 

 

 

これは心の底から本人の立場に立つとわかります

 

子供が学校や仕事場にいるその場の雰囲気、空気感

 

周りにいる人の言動、態度、表情

 

それらをその場所にいるつもりでありありとリアルに感じる

 

 

周りにいる人が全て自分の敵に見えて

 

自分の悪口を言っていたり

 

意地悪な態度で接してこられたら

 

 

こんな状況であればなかなかその場に居続けるのは難しいですよね

 

そこは子供さんにとっては安心・安全な場とは程遠いから

 

 

ただし、これは真実かどうかはわかりません

 

あくまで子供さんはそう感じ取っているであろうという想像です

 

メンタルコーチングではポジションチェンジという手法を使ってこういう事をやります

 

何が良いかというと

 

本当に子供の悲しみ、苦しみ、恐怖などの感情を理解することができるので、相手に寄り添ってあげる事がしやすくなるのです

 

 

相手の立場に立ち、理解できると辛い気持ちに寄り添ってあげられるようになります

 

そうすると子供も

 

「お母さん(お父さん)は自分の辛さをわかってくれているんだ」

 

と思えて心を開いてくれます

 

 

ここで信頼関係が作れて

 

家庭を子供さんにとっては安心・安全な場にしてあげることが

 

次の1歩を踏み出すためにはとても大切です

 

特に不登校やひきこもりのお子さんの支援をしようと思うと信頼関係と寄り添いは大切です

 

 

リアルに子供の気持ちになる

 

を是非やってみて下さい

 

もし、難しい場合は藤江にご相談下さい

 

必ずあなたのお役に立ちます

 

 

 

 

 

 

子供の教育問題、不登校、ひきこもりなどで悩んでおられる方のヒントになればと思いこのブログを書いています。

あなたの周りでこのような事で悩んでおられる方にこのブログをご紹介下さい。

 

下記のURLをコピー/貼り付けしてLINEやメールで送っていただくと見ることができます。

 

http://www.makeyourhappiness.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

 

 

一人でも多くのお母さんとその子供さんが幸せになりますように。

 

 

コーチングを受けてなりたい方

こちらをどうぞ

 

自分自身や周りを勇気づける言葉がけをできるようになりたい方

こちらをどうぞ

 

 子育ての悩みを気軽に相談しあいたい方 

こちらをどうぞ

 

知りたい事、探したい事のワードを下のボックスに入力していただくとこのブログ内を検索することができます

0 コメント

本当に子供の可能性を信じていますか?

ブログランキングに参加しています。

 

読んでみて良かったと思って頂けたらクリックしていただけると嬉しいです。

 


人気ブログランキングへ

 

 

「どうせ僕なんて・・・」

「私は何をしてもダメだから・・・」

うちの子供たちがよく口にしていた言葉です

 

 

それを聞いた僕は

「ほんまに根性ない奴らやなぁ」

 

 

と、がっかりするやら、情けないやら、こんなことで将来どうなるんだろうと不安な気持ちになったものです

 

 

子供の可能性なんてほとんで信じられない状態でした

 

 

でもコーチングであることを学んでからはずいぶん変わりました

それは

 

「現状100点満点、未来は無限大」

 

という考え方を知ったから

 

これは、今はたとえどんな状態であっても100点満点で

この子(人)には無限大の未来がある

将来はどんな風になることも出来る!

という考え方です

 

 

だから今現在はどんな状態でもOKで

まずそれを親が受け入れるところがスタートです

 

 

例えばあなたが何か嫌な出来事があったり

失敗してひどく落ち込んでいる時

周りの人は応援してくれたり励ますつもりで

 

 

「いつまで落ち込んでいるんだ!頑張れ!」

 

「もう終わったことだ、気にするな!」

 

などと、声をかけてくれることがありますよね

 

 

善意で言ってくれているのはわかっているし

声をかけてもらえるだけで

救われた気持ちになります

 

 

でも

 

 

そこからすぐに切り替えて前に進める人とそうでない人もいます

 

 

あなたはどうですか?

 

 

起こった出来事の大きさにもよると思いますが

もし子供さんが後者のタイプであれば

 

 

「どうせ僕なんて・・・」

「私は何をしてもダメだから・・・」

 

と言っていることを

 

否定せず受け入れてあげる

 

 

「ああ、今はそんな風に言いたい心境、心の状態なんだな」

 

 

そして

 

「今はそんな風に思っていてもいいんだよ」

と言葉や態度でOKを出す

 

 

落ち込んでいる人や勇気がくじかれている人にまず必要なのは

 

心の傷を癒せる

安心・安全な場所

 

です!

 

 

そこで、心に負荷をかけずにしっかり癒してあげる

心のエネルギーをチャージしてあげる

 

 

動くのはそこからです

 

そしてそれをしてあげられるのは

 

 

あなたなのです

 

 

 

子供の教育問題、不登校、ひきこもりなどで悩んでおられる方のヒントになればと思いこのブログを書いています。

あなたの周りでこのような事で悩んでおられる方にこのブログをご紹介下さい。

 

下記のURLをコピー/貼り付けしてLINEやメールで送っていただくと見ることができます。

 

http://www.makeyourhappiness.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

 

 

一人でも多くのお母さんとその子供さんが幸せになりますように。

 

 

コーチングを受けて子供さんがどんな状態でも受け入れられるようになりたい方

こちらをどうぞ

 

自分自身や周りを勇気づける言葉がけをできるようになりたい方

こちらをどうぞ

 

 子育ての悩みを気軽に相談しあいたい方 

こちらをどうぞ

 

知りたい事、探したい事のワードを下のボックスに入力していただくとこのブログ内を検索することができます

0 コメント

《動画解説》応援しているはずなのに相手を凹ませていることがあります

0 コメント

ブログをお引っ越ししました

ブログサイトを新しく作成しお引っ越しをしました

 

より読みやすく、為になる情報を発信していけるように努力しますので

 

これからもよろしくお願いします

 

Make Your Happiness

 

 

0 コメント

あなたが受け入れるから子供は次に進める

ブログランキングに参加しています。

 

読んでみて良かったと思って頂けたらクリックしていただけると嬉しいです。

 


人気ブログランキングへ

 

昨日まで

 

子供さんの現状が100%OKで今の子供さんの状態がどんな風であっても受け入れる

 

ということを書かせていただきました

 

 

ここは大切なところなのでという事で2回にわたり書かせていただいたのですが、もう1つ大切な理由があります

 

 

コーチングには

 

受け入れの連鎖

 

という言葉があります

 

どういうことかというと

 

相手(コーチングではクライアント)がどんなに怒っていても、悲しんでいても

 

どんなネガティブな感情をもっていたとしてもコーチがそれを受け入れる

 

ネガティブな感情をもっていても

 

それはしょうがないよね

 

そうなって当然ですよね

 

私でもそうなると思います

 

こうしてクライアントに寄り添う

 

そうやってコーチに受け入れられることでクライアントはネガティブから抜け出しやすくなる

 

クライアントが他人を受け入れることができやすくなる

 

次の1歩を踏み出しやすくなる

 

という考え方です

 

 

あなたがなにか嫌な事があって腹が立っているとしましょう

 

例えば職場で同僚に嫌な事を言われたと

 

その時

 

いつまでも腹を立てていても仕方ない

 

こんな事でいつまでも怒っているのは大人げない

 

ここで私が怒ってしまったら職場の雰囲気が悪くなる

 

 

などの感情がお腹の中で渦巻いている

 

家に帰ってもなんだかイライラしてしまう

 

普段ならなんとも思わないような出来事にもイラっとしてしまう

 

こんな経験ありませんか?

 

 

そんな時に

 

詳しく話を聞いてくれて

 

悔しさや悲しさにしっかり共感してくれて

 

話を聞いてくれる人がいたら

 

「そうだよねー、そんなこと言われたらそりゃ腹がたつよね」

 

「私でも腹が立つよ!」

 

と同じように怒りながら聞いてくれる人がいたら

 

どうですか?

 

 

解決はしないまでも

 

気持ちが和らぎませんか?

 

怒っていてもいいんだ

 

悲しんでもいいんだ

 

私って普通なんだと

 

そう思えませんか?

 

 

そうやって怒っていたり、悲しんでいたり、落ち込んでいる自分を受け入れてくれる人がいると

 

自分で自分の事を受け入れることができるようになります

 

そうなるから次の1歩が踏み出しやすくなるのです

 

 

だからあなたがまず子供さんを受け入れてあげてください

 

 

そんなのできない!

 

という方は藤江までご連絡ください

 

そんなあなたを受け入れて

 

 

子供さんを受け入れる方法をお伝えします

 

 

 

子供の教育問題、不登校、ひきこもりなどで悩んでおられる方のヒントになればと思いこのブログを書いています。

あなたの周りでこのような事で悩んでおられる方にこのブログをご紹介下さい。

 

下記のURLをコピー/貼り付けしてLINEやメールで送っていただくと見ることができます。

 

http://www.makeyourhappiness.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

 

 

一人でも多くのお母さんとその子供さんが幸せになりますように。

 

 

コーチングを受けて子供を受け入れられるようになりたい方

こちらをどうぞ

 

自分自身や周りを勇気づける言葉がけをできるようになりたい方

こちらをどうぞ

 

 子育ての悩みを気軽に相談しあいたい方 

こちらをどうぞ

 

知りたい事、探したい事のワードを下のボックスに入力していただくとこのブログ内を検索することができます

0 コメント

子供の現状を100点満点と思えない場合

ブログランキングに参加しています。

 

読んでみて良かったと思って頂けたらクリックしていただけると嬉しいです。

 


人気ブログランキングへ

 

 昨日のブログでは「現状100点満点、未来は無限大」ということのうち現状100点満点について書かせていただきました

 

ここは大切なところなのでもう少し書かせて下さい

 

 

まず現状を100%OKで今の子供さんの状態がどんな風であっても受け入れるということでした

 

ところがそうは思っても難しい部分もあります

 

 

これは僕がよくしていたことですが

 

受け入れる言葉をかけていてもて

心のどこかで子供のことを否定する気持ちが残っていました

 

 

子供が人間関係が辛くて仕事を辞めてしまったとき

 

「それは仕方ない、次に頑張ればいいじゃないか」

 

とは言っていましたが心の中では

 

「なんでもう少し頑張れないんだ」

 

と思っている自分もいました

 

この時の僕の本心は子供に伝わっていたんじゃないかと思います

 

 

そして

 

 

仕事にいかなくなった娘が家でダラダラしているのを見ると腹が立っていました

 

そんなにダラダラしている暇があったら次の仕事を探せばいいのにと

 

 

でもね、こう思ってしまうのも仕方がないんです

 

なぜなら腹が立つのは

 

子供に良くなって欲しいという気持ちが大きいから

 

子供に対する期待が大きいから

 

 

 

一方、子供は子供で傷ついていたり

 

悲しんでいたり

 

悔しかったり

 

対人関係に恐怖を感じたりしているのです

 

これも事実なのです

 

 

さてどうすればいいと思いますか?

 

 

 

 

これは心の底から本人の立場に立つとわかります

 

子供が学校や仕事場にいるその場の雰囲気、空気感

 

周りにいる人の言動、態度、表情

 

それらをその場所にいるつもりでありありとリアルに感じる

 

 

周りにいる人が全て自分の敵に見えて

 

自分の悪口を言っていたり

 

意地悪な態度で接してこられたら

 

 

こんな状況であればなかなかその場に居続けるのは難しいですよね

 

そこは子供さんにとっては安心・安全な場とは程遠いから

 

 

ただし、これは真実かどうかはわかりません

 

あくまで子供さんはそう感じ取っているであろうという想像です

 

メンタルコーチングではポジションチェンジという手法を使ってこういう事をやります

 

何が良いかというと

 

本当に子供の悲しみ、苦しみ、恐怖などの感情を理解することができるので、相手に寄り添ってあげる事がしやすくなるのです

 

 

相手の立場に立ち、理解できると辛い気持ちに寄り添ってあげられるようになります

 

そうすると子供も

 

「お母さん(お父さん)は自分の辛さをわかってくれているんだ」

 

と思えて心を開いてくれます

 

 

ここで信頼関係が作れて

 

家庭を子供さんにとっては安心・安全な場にしてあげることが

 

次の1歩を踏み出すためにはとても大切です

 

特に不登校やひきこもりのお子さんの支援をしようと思うと信頼関係と寄り添いは大切です

 

 

リアルに子供の気持ちになる

 

を是非やってみて下さい

 

もし、難しい場合は藤江にご相談下さい

 

必ずあなたのお役に立ちます

 

 

 

 

 

 

子供の教育問題、不登校、ひきこもりなどで悩んでおられる方のヒントになればと思いこのブログを書いています。

あなたの周りでこのような事で悩んでおられる方にこのブログをご紹介下さい。

 

下記のURLをコピー/貼り付けしてLINEやメールで送っていただくと見ることができます。

 

http://www.makeyourhappiness.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

 

 

一人でも多くのお母さんとその子供さんが幸せになりますように。

 

 

コーチングを受けてなりたい方

こちらをどうぞ

 

自分自身や周りを勇気づける言葉がけをできるようになりたい方

こちらをどうぞ

 

 子育ての悩みを気軽に相談しあいたい方 

こちらをどうぞ

 

知りたい事、探したい事のワードを下のボックスに入力していただくとこのブログ内を検索することができます

0 コメント

本当に子供の可能性を信じていますか?

ブログランキングに参加しています。

 

読んでみて良かったと思って頂けたらクリックしていただけると嬉しいです。

 


人気ブログランキングへ

 

 

「どうせ僕なんて・・・」

「私は何をしてもダメだから・・・」

うちの子供たちがよく口にしていた言葉です

 

 

それを聞いた僕は

「ほんまに根性ない奴らやなぁ」

 

 

と、がっかりするやら、情けないやら、こんなことで将来どうなるんだろうと不安な気持ちになったものです

 

 

子供の可能性なんてほとんで信じられない状態でした

 

 

でもコーチングであることを学んでからはずいぶん変わりました

それは

 

「現状100点満点、未来は無限大」

 

という考え方を知ったから

 

これは、今はたとえどんな状態であっても100点満点で

この子(人)には無限大の未来がある

将来はどんな風になることも出来る!

という考え方です

 

 

だから今現在はどんな状態でもOKで

まずそれを親が受け入れるところがスタートです

 

 

例えばあなたが何か嫌な出来事があったり

失敗してひどく落ち込んでいる時

周りの人は応援してくれたり励ますつもりで

 

 

「いつまで落ち込んでいるんだ!頑張れ!」

 

「もう終わったことだ、気にするな!」

 

などと、声をかけてくれることがありますよね

 

 

善意で言ってくれているのはわかっているし

声をかけてもらえるだけで

救われた気持ちになります

 

 

でも

 

 

そこからすぐに切り替えて前に進める人とそうでない人もいます

 

 

あなたはどうですか?

 

 

起こった出来事の大きさにもよると思いますが

もし子供さんが後者のタイプであれば

 

 

「どうせ僕なんて・・・」

「私は何をしてもダメだから・・・」

 

と言っていることを

 

否定せず受け入れてあげる

 

 

「ああ、今はそんな風に言いたい心境、心の状態なんだな」

 

 

そして

 

「今はそんな風に思っていてもいいんだよ」

と言葉や態度でOKを出す

 

 

落ち込んでいる人や勇気がくじかれている人にまず必要なのは

 

心の傷を癒せる

安心・安全な場所

 

です!

 

 

そこで、心に負荷をかけずにしっかり癒してあげる

心のエネルギーをチャージしてあげる

 

 

動くのはそこからです

 

そしてそれをしてあげられるのは

 

 

あなたなのです

 

 

 

子供の教育問題、不登校、ひきこもりなどで悩んでおられる方のヒントになればと思いこのブログを書いています。

あなたの周りでこのような事で悩んでおられる方にこのブログをご紹介下さい。

 

下記のURLをコピー/貼り付けしてLINEやメールで送っていただくと見ることができます。

 

http://www.makeyourhappiness.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

 

 

一人でも多くのお母さんとその子供さんが幸せになりますように。

 

 

コーチングを受けて子供さんがどんな状態でも受け入れられるようになりたい方

こちらをどうぞ

 

自分自身や周りを勇気づける言葉がけをできるようになりたい方

こちらをどうぞ

 

 子育ての悩みを気軽に相談しあいたい方 

こちらをどうぞ

 

知りたい事、探したい事のワードを下のボックスに入力していただくとこのブログ内を検索することができます

0 コメント

《動画解説》応援しているはずなのに相手を凹ませていることがあります

0 コメント